Q&A

よくある質問

手続きの流れに沿ってQ&Aを掲載

不動産取引の手続きを進める中で、聞き慣れない用語に不安を感じられるお客様が多くいらっしゃいます。実際にこれまでお寄せいただくことの多かったご質問をご紹介し、掲載しております。わかりやすくご覧いただけるようQ&A形式で手続きの流れに沿ってご案内しており、売却を検討されている方に参考としてご覧いただけます。個別のご質問もいつでも受け付けております。

Q 住みながらの売却は可能ですか?
A

住みながらの売却も可能です。

売主様の事情なども考慮しながら調整させていただきますので、お気軽にご相談ください。

しかし、空き家であるほうが購入者の方が、お住まいのイメージがしやすくなるため売却はよりスムーズに進むことが多くなります。

Q 契約から受け渡しまでの期間はどのくらいですか?
A

明け渡し時期につきましては、売り主様の希望をもとに不動産会社が調整をいたします。

売り主様の希望は事前に不動産会社へお伝えください。

場合によっては買い主様のご希望との調整が必要になる場合がありますが、この場合も不動産会社を仲介として、双方のご希望を伺いながら詳細の日程を決定して行くことになります。

Q 不動産が夫婦の共有名義になっているのですが
A

契約書の締結や登記手続に必要な書類の調印などは、原則として本人が行う必要がございます。

そのため、ご夫婦の共有名義になっている場合は、ご夫婦それぞれの実印や印鑑証明書などをご用意していただく必要がございます。

Q 銀行での借入金額が大きく、売却金額で借入金全額を支払うことができないような場合でも売却はできますか?
A

通常は、借入金を全額支払わなければ債権者(多くの場合は銀行)は抵当権を抹消しません。

しかし最近では、借入金が残っていても抵当権を抹消するケースも増えてきております。

あくまでもケースバイケースとなりますので、まずは当社までご相談ください。当社で債権者と交渉させていただきます。

Q 査定価格よりも高い価格で売りに出すことはできますか?
A

査定価格はあくまでも参考の価格に過ぎません。

実際の売り出し価格は査定価格を参考にして売主様がお決めになります。

もちろん売り出し価格を査定価格よりも高い価格に設定していただいても構いませんが、買い手が付きにくくなる可能性もございます。